サークルの仲間から素人ではないと言われてしまって、ただひたすら驚くばかりの自分がいました。
無料アプリでセックスは出来ているけれど、毎回2万円だけ取られて継続することができない。
短時間で終わってしまうこの関係、実は素人が相手ではなかったと言われてしまったのです。
「無料のサービスはさ、実は素人と出会うのはかなり難しいと思わないとダメなんだよ」
「そうなのか?あれだけいっぱい利用者いるのに」
「その利用者が素人だったら問題はないんだけどさ、その多くが業者だったりするんだ」
「業者ってなに?」
サークル仲間の口から飛び出したのは、業者という言葉でした。
その業者とは何なのか?まったく持って理解することができませんでした。
「この手の世界は人気があるからさ、援デリっていう風俗業者が入り込んでるんだよ。
メール交換できたと思ってもさ、大体それ業者だったりするわけ。
つまりプロ女が派遣されたって事だな」
風俗業者が出入りしている、そんなのまったく知らなかったのです。
彼の話では30分程度で2万円を取られる、即ハメできるのは100%が業者になってしまっていると言うのです。
「ぎゃるるで素人をみつけるのは、かなり難しいと思った方がいいな」
かなり使えるアプリだと思っていたけれど、実はそうではなかったようでした。

確かにすぐに会うことができたけど、それは素人じゃなかったんですからね。
さすがにこれには気持ちが落ち込んでしまったって感じです。
自分としては素人と濃厚過ぎるセックスを楽しみたいだけど、そういう相手をみつけるのはやはり難しいのか?って暗い気持ちになってしまいました。
「そんなに落ち込むことはない、使うツールさえ間違えなければ、素人とただまんができるぞ」
「それ本当?」
サークル仲間に言われて、一気に気持ちが上向きになっていく自分がいました。